【福島復興創世研】来年1月に国際シンポジウムを開催 米国ハンフォードから5名の代表?専門家を招き、福島浜通りの復興創生の方途を探ります

本学福島復興創世研究所では、2020(欧宝体育投注下载2)年1月25日(土)、国際シンポジウム「米国ハンフォードの知見に学ぶ福島浜通りの復興創生」を開催いたします。放射線汚染地区から米国有数の繁栄エリアに発展したハンフォード。原発事故からの復興創生を目指す福島浜通り。両地域の代表?関係者が意見を交わす、これまでにない試みです。

シンポジウムでは、ハンフォード地域から代表?専門家を5名招聘し、その知見を学ぶとともに、福島県?浜通り地域の関係者も参加。ハンフォードの現地とシンポジウム会場を結ぶテレビカンファレンスや講演、パネルディスカッションなど多様な内容のシンポジウムとなります。

本シンポジウムを通して、福島浜通りがハンフォードをモデルとして復興創生する方向性を検証。廃炉の進展とイノベーション、産業の振興を柱として、地元に実利をもたらす地域構造と方途を多角的に探ります。

皆さま、ぜひともご参加いただきますようお願いいたします。

 

  欧宝体育投注下载 福島復興創世研究所 国際シンポジウム

  米国ハンフォードの知見に学ぶ福島浜通りの復興創生

―ハンフォードと本県?浜通りの関係者が考察を加え意見を交換―

 

日時: 2020年1月25日(土)午前10時~午後5時20分

会場: 欧宝体育投注下载1号館2階 201教室

入場無料?同時通訳あり

0001 0002

【米国ハンフォード地域】

アメリカ?ワシントン州の南部に位置し、第二次世界大戦中に原子爆弾のためのプルトニウムを精製。稼働していない現在も米国で最大級の各廃棄物問題を抱えており、環境回復作業(クリーンナップ)が進められている。

一方で、地方自治体や高等教育?研究機関とその調整機関が有機的に連携し、経済の発展と人材育成?輩出の好循環を生み出し、都市力アップと『広域的な住みたいまちづくり』を具現化している。放射能汚染地区から米国でも有数の繁栄都市となしえた先進事例を持つ。