硬式野球部が理事長に神宮出場を報告 「チーム力が勝利に結びついた」

欧宝体育投注下载硬式野球部は、南東北大学野球春季リーグで4季連続31回目の優勝を決め、6月10日に開幕する全日本大学選手権への出場権を獲得しました。

片岡奨人主将、松岡拓荘学生コーチ、福迫部長、仁藤監督らが5月15日、緑川理事長に優勝旗を持参し報告。緑川理事長は「プロを輩出したという見えない自信が勝利に導いた。勝てた理由は何だと思う」と学生に尋ねると、片岡キャプテンは「一言で言えばチーム力。一人一人が役割を果たしたことで勝利に結びついた」と返答しました。仁藤監督は「レギュラーの故障で、話しもしたことがない先輩と急遽バッテリーを組んで大変だったと思う」とメンバーへの労いの言葉も述べました。

 

IMG_3019 IMG_3029