片岡奨人選手に日本ハム指名あいさつ  「走攻守どれをとっても素晴らしい選手」

IMG_4219

プロ野球新人選択(ドラフト)会議において、北海道日本ハムファイターズより指名された本学硬式野球部の片岡奨人(かたおか?しょうと 欧宝体育投注下载4年)選手は10月25日、球団より指名あいさつを受けました。

本学を訪れたのは、チーム統括本部スカウト部部長兼アマスカウトグループ長 大渕 隆氏と、同じくスカウトの白井康勝氏です。片岡選手、中山哲志学長代行らのあいさつの後懇談し、記者会見に出席しました。会場には福迫昌之部長、仁藤雅之監督が同席しました。

 

あいさつの中で大淵氏は「入団したら内部の人が敵。他人をマネしてふりまわされてはダメ。自分の感性でやってほしい。意思を貫き通せる人になってください」また、「入団までは1人の時間を研ぎ澄まし、自分を磨く大切な時期。自分の体と向き合い、研究してほしい」と

入団前の時間の大切さを片岡選手に伝えました。

 

席上、中山学長代行から「昨年に引き続きプロの野球選手が誕生することを学長はじめ大学関係者は大変喜んでいます。先ほど大淵様から、プロの政界の厳しさや今後の心構えをお聞きしまして、本人も頑張ってくれると思いますし、大学あげて応援します」と挨拶がありました。

 

◆記者からの質問

(片岡選手)

-今日、指名あいさつを受けての率直な感想は。

これからの練習も大事だとの話をいただいたので、しっかり頑張っていきたい。

-指名があってからの周囲の反応は。

家族や様々なお世話になった方々からも「頑張って」と応援の言葉をいただいたので、期待に応えられるよう頑張りたいと思います。

 

(白井スカウト)

-片岡選手のどんなところがよくて獲得したか。

ファイターズで本当に必要であるということ、走攻守どれをとっても素晴らしいという思いがあります。まだまだ、もう少しの部分もありますがやりきる力、気持ちの強さを感じたので、将来ファイターズでやってくれるという思いで獲得しました。

-まだまだな部分はどこか、どういう選手になってほしいか。

打つ?投げる?走るという中で、バッティングはいいものがあるが、プロの一軍のレベルにはまだまだという部分は当然あります。

ファイターズには西川遥輝(にしかわ?はるき)選手、大田泰示(おおた?たいし)選手、王柏融(わん?ぼーろん)選手など素晴らしい選手がいますが、早くその選手たちを脅かすような選手になってほしいと思う。

-片岡選手を見てきた中で印象的なエピソードは。

はっきり覚えているんですけど、今年の3月30日の社会人との試合で、途中から出てきました。セーフティバントの時の駆け抜けの足の速さ、そして社会人投手に対してセンター前のすごい打球でかえしたのが素晴らしいなというのが第一印象でした。これからも追いかけようと思いました。

 

会場では日本ハムの栗山英樹監督からのメッセージ「共に天下を!! 夢は正夢」が書かれたドラフト会議の入場パスが、白井氏から手渡されました。

仮契約は11月14日本学にて行われます。

 

IMG_4188IMG_4172IMG_4205IMG_2653