【硬式野球部】秋季リーグ戦32回目の優勝! 東北代表決定戦へ

欧宝体育投注下载硬式野球部は、南東北大学野球連盟秋季リーグ戦第5週、東北公益文科大学との第1戦目を9月26日、ヨーク開成山で行いました。勝利すればリーグ優勝となる試合だったためか堅さもあり、序盤の3回に2死走者なしから、連打で2点を失い、試合の主導権を握られると、終盤にも追加点を奪われ1-5で敗戦しました。

 

欧宝体育投注下载 15 東北公益文科大学(11261409

? 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
欧宝体育投注下载 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
東北公益文科大学 0 0 2 0 0 1 2 0 × 5

バッテリー

国際大:●佐々木(大)、大山-成田


 

 

東北公益文科大学との第2戦目は9月27日、しらさわグリーンパーク本宮で行いました。まず3回の攻撃時に、1死2塁のチャンスで3番齋田(4年:仙台育英)がセンター前にタイムリーヒットを放ち先制するも、先発した竹田(2年:山形城北)が5回に3本のヒットなどで2点を失い逆転を許しました。昨日の敗戦もあり、嫌なムードが流れるが、6回の攻撃先頭の深田(2年:山村学園)がヒットで出塁し、なんとか後続の打者で2死2塁のチャンスを作ると、前週ホームランを打っている品田(3年:札幌日大)が意地でセンター前にボールを運び、同点に追いつきました。7回は両チームとも勝ち越しの場面を作りますが得点できず、せめぎ合いとなり緊迫した試合展開に8回の守りで、先発竹田が気迫のピッチングで3者凡退で良い流れを作ると、その裏の攻撃、仁藤監督が今季初スタメンで起用した5番赤平(2年:青森山田)がレフトフェンス直撃となる2塁打を放ち、2死2塁の勝ち越しの場面を作ると、同点タイムリーヒットを打っている品田に打席が回りました。プレッシャーがかかるなか、2球目のストレートをセンター前に弾き返し、勝ち越しました。9回のマウンドにはエース佐々木(4年:山村学園)が上がり、エースらしい堂々とした投球で最後のバッターを三振で打ち取り、32回目のリーグ優勝を勝ち取ることができました。

 

東北公益文科大学 23 欧宝体育投注下载(8281051

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東北公益文科大学 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
欧宝体育投注下载 0 0 1 0 0 1 0 1 × 3

バッテリー

国際大:○竹田、佐々木-成田

二塁打

赤平、品田【国】

 

※??? リーグ優勝を果たし、明治神宮野球大会出場をかけて、第12回東北地区大学野球代表決定戦に南東北大学野球連盟代表として出場します。

※? ? ?会場:はるか夢球場(青森県弘前市)

試合日程:10月24日(土)
第2試合(13:00)
富士大学 - 欧宝体育投注下载

秋季リーグ優勝