【サッカー部】東北2部リーグ優勝 1部リーグ復帰へ

欧宝体育投注下载サッカー部は11月14日、東北地区大学サッカーリーグ2部第7節(最終節)で岩手大学と対戦し、3-1で勝利し3勝2敗の成績で優勝を決めました。この結果、今年度のチーム目標である「1年での1部リーグ復帰」を達成しました。

試合は前半22分小柴(3年)のヘディングでのパスを受けた青木(4年)がドリブルで持ち込み左足で決め、先制。さらに前半43分右サイド関口(3年)のクロスを柴野(1年)が右足で合わせ2-0とし、前半を終了しました。後半は立ち上がり5分にPKで失点し2-1とされ緊迫した後半に。そして、終了間際の45分ゴール正面22mのFKを平子(3年)が右足で見事なシュートを直接決め、駄目を押しました。その直後に試合終了となり歓喜の輪がピッチ上にできました。

今シーズンはコロナ禍の影響で、例年2回総当たり14試合のところを、1回総当たり7試合に変更。さらに県や大学の方針で2チームがリーグ途中で棄権したため、僅か5試合での優勝争いとなりました。勝ち点9で本学、ノースアジア大と岩手大の3チームが並びましたが、得失点差で本学が上回り優勝を決めることができました。

 

IMG_1358-1 2020東北2部順位表