福島県小?中学生卓球強化合宿を開催 本学卓球部員が中心となり指導役を務めました

福島県小?中学生卓球強化合宿(主催:福島県卓球協会強化普及委員会)が1月4日(月)から5日(火)の2日間、コロナ禍による3密を避けるため会場を本学体育館からいわき市立総合体育館に変更し第11回目の開催となりました。

この合宿は、次世代の福島県を代表する小中学生の強化育成を目的としており、今年度からは、次世代育成プロジェクト対象選手、各大会で好成績を収め選考された選手、強化普及委員長が推薦した選手で県内の小学3年生?中学3年生の男女65人が参加。インカレに出場している本学卓球部の選手が中心となり24名の学生が指導役を務めました。基本練習や目的別の練習のうえ、本学卓球部員との試合形式といった練習内容で行われました。

参加した小?中学生の選手たちは「大学生が繰り出すパワーとスピードあふれるサーブやスマッシュを体感することができました」と充実感いっぱいの様子。指導に当たった本学の学生は「色々なタイプ(戦型)の指導の難しさを痛感しました」「指導を通じ自分の卓球を見直すことが出来、勉強にもなりました」と振り返っていました。

32232